Information salon - Takase

ようこそ”Information salon - Takase”へ ゆったりまったり月に3回の更新予定。素敵な情報ブログになるように心がけます。

読書の秋にオススメ!さらっと読める小説たち!!

こんにちは、高瀬マナ(@mana_tks21)です!

 

現在、様々なことに追われて色々追いついていない状況ですが、気晴らしに違う題材でブログを書こうと思います。先日から言っている記事は、もう少々お待ちください!

 

今回は、気まぐれ書評〜特別版〜でお届けしたいと思います。

コンセプトは「さらっと読める小説」のご紹介です。

読書といっても、なかなか手を出せない本などもあるかもしれませんが、私がオススメする本なので是非手に取ってみてください!

 

 

1.新釈 走れメロス  著者 森見登美彦

 

 「夜は短し歩けよ乙女」「四畳半神話大系」でお馴染みの森見登美彦先生の著書になります。「新釈」なのでもちろん教科書に出てくる太宰治が書いた方ではありません。現代の京都を舞台に走れメロスや他の文学小説たちが、先生が書いた物語となっています。有名な文学小説の内容を現代的に表現しているところが、また新鮮で楽しく読むことが出来ました。ここまで、うまく書き直しているのは本当に尊敬するばかりです。

自分が知っている小説の題名が付いている話だけ読むでも全然構わないです。

それだけでも、十分に楽しめます!!

 

2.ティファニーで朝食を   著者 トルーマン・カポーティ 訳 村上春樹

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

 

 続いては、有名な「ティファニーで朝食を」。私がこの小説を買った理由は、訳者が村上春樹先生だったことでした。これを買って読んでから映画化されていることを知りました。随分古い小説で、周りから渋いと言われてしまいましたが私は、こういう話は好きです。主人公の1人ホリー・ゴライトリーのキャラクターがとても素敵で小説の世界へ引き込んでくれる大事な存在です。ホリーの性格は決して良いものではありませんが。

そしてあとがきで村上春樹先生は、映画化されたホリー・ゴライトリーのキャラクターが違うと言っています。映画は観たことありませんが、私が想像するオードリー・ヘプバーンのイメージとホリーは確かにかけ離れています。両方知っている方はぜひ感想を聞かせてください!!

そして、この本は他の短編も収録されていて私のお気に入りは「クリスマスの思い出」です。ぜひ読んでみてください。

 

3.アルケミスト夢を旅した少年  著者 パウロ・コエーリョ 訳山川紘也+亜希子

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

 この本は、比較的薄い本になっていますが内容はとっても濃いです。私が初めて宗教的な考えを本で読んだのはこの本が初めてでした。ただ、これを読んだ当時の私はとても不思議な感覚を覚えたのは確かでした。

主人公サンチャゴは、夢で見た宝物を探すためにエジプトのピラミッドに旅に出ました。たどり着くまでに色んな災難や出会いがありましたが、これらは全て出会うものであったのだというメッセージがあります。これらのメッセージは今の私のように「何をしたらいいのか分からない」「どうしたらいい」と何とも言えない大きな不安を抱えている人に読んでほしい本です。きっと勇気付けられる本だと思います。

神様がどうこうの話ではなく、全て自分自身の運命と前兆を理解すればきっと目的地にたどり着くということだと今の私は、これを読んでそう捉えています。

他に捉え方や感想がある方は、ぜひコメントよろしくお願いします。

 

 

いかがでしたでしょうか?随分長くなってしまいましたが、今回はこの3冊をオススメとして紹介させていただきました。おそらく「さらっと読める本」であるかは皆さんの感覚ではあるとは思いますが、ぜひ読んで見てください。どれもメジャーな小説なので知っている方もいるとは思いますが、久しぶりに読んでみようと思って手に取ってみると意外な気づきもあるかもしれません。そういう瞬間が本を読むということの醍醐味ではないでしょうか。

 

では、また気まぐれ書評をお待ちください。気まぐれにするので。

 

 

 

 

「今」に疑問を持っている人に読んでほしい本「仕事は楽しいかね?」

こんにちは!

 

久々の書評を行いたいと思います。高瀬の気まぐれ書評です!

今回紹介する本はこちら!

 

まんがで変わる 仕事は楽しいかね?

まんがで変わる 仕事は楽しいかね?

 

見たことがある方もいらっしゃると思います。こちらは、漫画バージョンです。

漫画の方は、絵がはっきりしているのでとても読みやすい印象を持ちました。

 

漫画ではない方はこちら↓

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

 

「仕事は楽しいですか?」と聞かれるとあなたはどう答えますか?

私自身も「今の仕事を楽しいなんて思ったら負け」ほどではないのですが結構これに近い意見を持っています。でも、意見を持つだけではいけないのはこの本を読んでよくわかりました。

 

今回の書評は、私が好きな章を2つほどピックアップしてみました。

それを参考にしてご自身の目でこの本を読んで見てください。

 

1章 試して見ることに失敗はない

この章で一番の衝撃を受けた言葉がありました。

「したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れている」

私にも覚えがあったので何とも言えない気持ちになりましたが、周りにいる人たちを見ていると、大半の人がこの「したくもない仕事をし、同時にそれを失うことを恐れている」に当てはまっていました。

「つまらない仕事で楽しくない」という退屈に「したくもない仕事だが離れる」不安が混ざり合うと結局「何もしない、行動を起こさない」まま時間だけが過ぎていってしまうのです。

そして、「なんかつまらない→けど不安がある→だから何もしない→あぁつまらない」のスパイラルが完成です。

次に、「目標にとらわれ過ぎない」です。

 私も最近まで言っていた「明確に目標を立てる」や「自分の人生の管理をする」などの言葉たち。

この言葉たちは、ですがこの言葉どうりに従って成功した・幸せになった人たちってどれくらいいるんでしょうか?ということです。

目標を立てるよりまず「試してみる」事が大事なのです!

 

3章 偶然は発明の父

世の中には、めちゃくちゃ面白い事がゴロゴロ転がっていて、しかもその転がるスピードがめちゃくちゃ早い。計画的に捕まえようなんて思うと捕まる確率なんてたかが知れています。

そんな時はひたすら捕まえるために必要な「網 」をたくさん広げる事が重要だそうです。捕まえることに必死なるのではなく。

そして、その広げた「網」に引っかかればラッキー偶然引っかかった。

偶然なんてどこで遭遇するかわからないのです。計画を立ててもその通りに行くかと言われれば言い切ることは出来ません。この本の筆者に言わせれば「まぐれで引っかかる専門家」になれば発明への一歩に繋がるのです。

 

 

「試しにやってみようかな」は侮れない!

今回は1部分のみ私なりに紹介させていただきました。

今までの私は「やってみたい」を口に出したりブログに書かないタイプでしたが改めてこの本を読み直して「やってみよう」は「積極的になっている」状態を無駄にしたくないし自分自身でブレーキをかけて勢いを落としたくないと感じました。

「試しにやってみよう」という言葉自体がとても前向きなれる言葉だと思うので不安だけど「試しにやってみようかな」は今の現状を変えてくれるきっかけになるはずです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール&将来のこと

  f:id:takasemana:20170710204101j:plain

 

こんにちは!今日は、もっと自分のことを皆さんに知って欲しいので、生まれてから現在までのプロフィールを作ってみようと思います!!

 

1997年7月21日生まれ

兵庫県明石市にて生まれて1歳で神戸に移り住んできたそうです。

 

幼少期〜幼稚園時代

小さい頃は、活発で元気いっぱいだったそうです。

歩けるようになった時には、毎日家の中を走り回っていたとか。

 

幼稚園に入園する前の子供教室では、お母さんと離れるのが嫌で駄々をこねて泣いていたことはかろうじて覚えています。

幼稚園の頃、父と海外の映画をよく見ていた記憶があり「ハムナプトラ」が今でも忘れられない怖い思いをしながら見ていました。(本当に衝撃でした。)

そして、何故かエジプト文明と恐竜がめちゃくちゃ好きでした。

映画の見過ぎでしょう。(アクション系で古代遺跡とか行くやつの見過ぎ)

当時、父が海外赴任をよくしていたので「外国」に興味を持つ事もありました。

 

今思えば、父との思い出が海外に興味を持つきっかけだったのかなと思います。

自分の父親がどんなところに行っているのか。知らないうちに気になっていたのかもしれません。 

 

小学校時代

小学校に初めて行った時、私は一人でした。

仲がよかった子は別の子の方に行ってしまったので完全に置いてけぼりを食らってしまい途方に暮れていると、一人の女の子が話しかけてくれて友達になれました。

 

が・・・・

 

ここで、人生初めてのイジメに遭います。

本当にショックだったのは、初めて友達になった子からイジメられたことでした。

急に無視されたり、仲間外れにされたり。とにかく、どうしてそうなったのか全く身に覚えがありませんでした。今でもわかりません。

 

そんな感じで毎年クラス替えが行われましたが、とにかく陰キャラで、輪の中に入る事ができませんでした。

誰か他の女の子を仲介しないと、輪の中に入れないくらいコミュ障でした。

 

でも、1人でいる事が多かったので、集団の中でいかにして1人で生き延びるか色んな術を身につけたつもりです。1人で行動することに恐怖や不安は、そこまでありません。今でもそのつもりですが・・・。

 

小学校時代は、とにかくいじめられました。

それでも、私が鈍感すぎるのか大体は気づいていなくて、あとあと思い返すと「いじめられてたんだ」と思うことの方が多いです。

 

中学校時代

ここでも、相変わらず 陰キャラを醸し出していました。

同級生のほとんどが小学校から繰り上がってきていたので、環境的にはイマイチ変化がありませんでした。

部活は、バスケ部と吹奏楽部で迷っていましたが母から「どっちもあんたは無理」

「どうせ出来ないやろ」と言われて腹が立ったので運動で見返してやる!!という思いからバスケ部に入部しました。

 

そして、ここでもイジメ。

初心者で下手くそ。さらに、元々浮いた存在だったので余計に目をつけられて半年でギブアップ。毎日泣きながら部活の練習に行っていたのを久々に思い出しました。

 

その後は、親友がいる吹奏楽部に転部しました。

転部してからは、本当に楽しかった!!

運動部と違う居心地の良い雰囲気に大好きな友達に囲まれて過ごしました。

ただ勉強に関しては、成績は芳しくはなく最終的には商業高校に進学しました。

「この高校入ったら大学行かせてあげる」という親の一言を聞いて本当に頑張りました。

推薦入試で落ちたのに受け直して合格したので先生がめちゃくちゃ褒めてくれたのが本当にうれしかったです・・・。

 

高校時代

高校の雰囲気で感動しました。結構自由な雰囲気で居心地が良かった学校でした。

その中で、英語がよくできる女の子に感化されて洋楽を聴くようになり、また海外に興味を持つことになりました。

 

高校でも部活は、吹奏楽部に入部し学年指揮という役職につきました。 

しかし、部内での人間関係と「学年指揮」という役職のプレッシャーに打ちのめされました。

次々に辞めて行く同級生、仲が悪かった後輩、役に立たない顧問・・・・。

そして、高校2年の冬に辞めました。

更に、進路を決める際に母から「就職以外認めない」という言葉が出て来ました。

受験する時には「この高校に入れば大学に行かせてあげる」だったのに・・・。

  

              f:id:takasemana:20170711222150j:plain

猛反発して、様々な大学のオープンキャンパスに行ったりしましたが、結局就職する形で終わりました。

 

意を反した進路。全く力を入れる事が出来ませんでした。

志望動機が何も書けずに途方にくれる事が多く、就職活動に一生懸命になっている同級生を羨ましく思ったことは1度ではありません。

 

こうして、就職先が決まり卒業確定。全てが母の思い通りになりめでたし。

 

 社会人1年目〜現在

こうして、仕方なく就職。友達は、大学生をエンジョイ。

毎日が嫌で嫌で仕方がなくて、どうやってこの状況を抜けるか考えた時、再び海外への関心が戻って来ました。

ワーホリ、留学、フリーランス・・・。

沢山の選択肢を見つける事が出来て救われました。これを目指して3年後は海外だ!!

と思っていると鬱になりました。大体のことは、書いてあるのでこちらを。

takasemana.hateblo.jp

 

鬱になってからは、外からの刺激を求めて自分なりに世界を広げて居ます。

wasabiさんのオンラインサロンや過去の記事でも述べている新しいこともその一環になります。

 

 

これからやってみたいこと

ラテアートの研究・バリスタ

先日、私の好きなストリーマーコーヒーさん https://streamer.coffeeのワークショップに参加して来ました。そこで、フリーポアラテアートに挑戦させていただきました!

 

最近、コーヒーに目覚めてしまい色んなカフェを探しては、コーヒーを飲みまくっていて楽しいんですが何故か「作る側になりたい」と思うようになり、今の仕事の区切りを明確に決めてから、まずバリスタの仕事をしてみたいと思い始めています。

 

ライター・翻訳家・校正

どちらも書く仕事として、日英でやってみたいです。

書くだけでなく校正のお手伝いも受け付けようと思います。

ジャンルは、まだ決めていません。

 

デザイナー

アバウトすぎるのはよく分かっていますが、デザインの勉強も始めていこうと思います。出来れば雑誌のデザイン、広告、インテリア系を少しずつやっていこうと考えています。

 

 

現時点なので、めちゃくちゃ変更されることは、非常に考えられますが私は、今こんなことに興味があります!という意思表示をしたつもりです。 

アバウトで、何も決められていない現時点ですが何事も前向きに捉えて焦らずやっていこうと思います!!

 

ここまで、見ていただいてありがとうございます。

これからも高瀬マナを宜しくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいことを始めてみたよ!!

 

 

こんにちは、高瀬です。お久しぶりです。

 

約2ヶ月間こちらを放置していたのですが、諸事情ですので省略します。

(今回の記事は「!」このマーク多めです) 

さて、今回は私が新しく始めてみたことについてお知らせします。

 

私のフリーランス思考が出来上がったのが約1年前ほどのことなのですが、その火付け役になった wasabiさんのオンラインサロンに入会することができました!!!!!

 

http://wsbi.net  ←こちらがwasabiさんのブログ

 

https://lounge.dmm.com/detail/471/ ←オンラインサロンのページ

 

入会してみて感じたこと

Facebookでこれから講義が行われていくのですが、まず今現時点で志しが高い人たちが沢山いてすごい!!まずオンラインじゃないと繋がれない人たちと繋がっている感じがあってとても楽しい!

wasabiさんという存在に惹かれて集まった人たちも、たくさんいるので考えが合う人たちもいてモチベーションが上がります!

 

ここなら、私が「海外に出て働いて自由に生活していきたい」と言って馬鹿にしてくる人はまずいない嬉しさがあると同時に、自由に活動できて発言できる場所であるように感じています。

 

本当にこれからどんなことが行われていくのか、とても楽しみです!

 

私自身、このようなサロンに入会することが初めてなのでどんな風に行われるのか分かりませんが、ただ一つ言えることは

 

目標をもっと明確に立てないと・・・!!

先ほども言いましたが、とにかくすごい人たちが沢山いるんです!!

起業されている人や、こういうことでフリーランスで働きたいと明確に目標を持っている方が沢山!!!(ここにすごく感動しました

とっても刺激的です・・・!が目標を持っていない自分がとても恥ずかしくなりました。

 

なので現時点での目標は、また後日ブログにて。必ず投稿します。

 

 

今回オンラインサロンについて熱く語ったつもりです。

新鮮でまだ手探り状態ですが頑張ってサロンに参加していきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見がぶつかってしまった時の考え

こんにちは!高瀬マナです!

 

ようやく小説がスタートしました!!

 

タイトルは、「星のない空」です!

主人公の目線を変えながら、少しずつ書いて行こうと思います。

 

 

今日は、意見がぶつかった時の対処法というよりかは、自分が思ったことを書いてみようと思います。

 

 

クライアントと業者の間で例外的なトラブルが起こることが稀にあります。

稀なことではないかもしれませんが、なかなか収集がつかない事案とかのことです。

 

顔なじみの業者なら、ある程度コミュニケーションが取れているはずなので何か起これば協力し合うことなんてできないことないと思うんです。

実際にしていたりさせていただいたこともありましたので。

 

ただ、ここで面倒なのが

 

どちらの意見も対立してしまい永遠に解決しない場合です。

 

永遠に対立し続けるてどうするのか

こんなことになると、どうにもならないわけです。

こちら側が要求することでも相手には処理が難しい場合もあるわけです。

決まりが向こうにもあるわけなので。

 

終わりがないのは一目瞭然です。

それを分かっていながら永遠と業者と言い合いをし続ける。こんな無駄なことしていても仕方がないんです。これこそ時間の無駄だと思いますよ。

「きっと意味のあることだ」と言い張る人は、自分の意見をまず最初に通してほしい願望が強い人、または業者だからどうにかしろという上から目線でものを考える人かなと感じました。

それならあなたが解決策を持ち出してくれと言いたくなります。

 

 

 

どちらかが折れることも大事なのでは?

一向に解決策が見出せない、「できる、できない」の言い合いを続けていても何も解決しないのでここは「折れる」ことも大事だと思います。

折れることも大人な対応の1つになるのではないでしょうか?ただ意見を言って張り合っているのは子供が喧嘩をしているのと大差ないと思うので言い合いが始まる前に何かしらの解決策をお互いに考えないといけないと思います。

 

例えば、次からは業者に出す前に徹底的にチェックして揉めないように準備をしっかりしておく。業者と話をして別の方法で対処できないか聞いてみるなど何かしらの行動をしないとただ「業者だからなんとかしろ」は、横暴だと思います。

 

ただ、こちら側ばかり折れてはただ損をしているだけなのでやりすぎには注意が必要だと思います。  

あくまで、五分五分で決着がつくように向こうにも協力してもらわないといけませんが。

 

 

 

 

最後に

こういうことがあるとやっぱりどちらにも気分がいいものではないので穏便に解決したいものですね・・・。

側から見ているのも嫌なのでそういうことは起きて欲しくありませんが、仕事をしている限り出てきてしまう問題なのでしっかり対応できるようになりたいです。

 

相変わらず更新が遅くて申し訳ないですが、どうやって更新速度を上げるか検討して行こうと思うので是非他の記事もご覧ください。

 

本日も見ていただきありがとうございます!

 

次回の投稿は5月14日(日)です!お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高瀬マナの英語学習方法 今も実践中!

こんにちは!今回お話ししようと思うことは

私なりの英語の勉強の計画をシェアしようと思います

とは言うもののそこまで難しいことではないと思います。

 きっと本当に英語を勉強したい人は、私以上に努力をされているのは言うまでもありません。私は勝てないです。

 

だけど、追いかけることはできると思うんです。

追いつくのはもっと先か永遠にないか。

それでも、一生懸命やると必ずどこかで役にたつと思うので頑張ってみてもいいと思います。

今回は、そんな私の英語の勉強計画(一部どこかで修正を加えていくであろう)ものを役に立つかはわかりませんがシェアしようと思います!

 

 

私自身は、英語は嫌いではないのですが勉強が大嫌いです。

偏差値も低くて大学には行かず高校を出て就職しました。

就職すると大学生とは違う生活で辛いものはたくさんあります。

勉強の時間も限られてくるでしょう。

なので、私なりの勉強方法をご紹介します!

また今回シェアしようと思った理由は、私自身がこの記事を書いているのに私が続けなくてどうする!と言う状況を作り出すための企画でもあります。

今でも計画遂行中でございます。

 

では、本題です!

1.自分を理解する!!

学校で出来なかったことを家で自主的にするなんてなかなか難しい面はあります。

でも、逆に考えると学校に行っていた時みたいに決められた時間で面白くない授業を受けなくていいのですから、ある意味学校に行っていた時よりずっと気合が入ると思います!

 

まず、「どうして今まで勉強が出来なかったのか」を考えてみてください。

私は、「強制されてする勉強が嫌だった」「授業を受ける意味を見出せなかった」「テストが嫌いだった」など

少々勝手に書いていますが本当にこんな感じだったっというのもありますし、勉強するクセがついていなくてやらなかったのも原因だと思っています。

 

自問自答しておいた方がどうすれば続けられるか考えるのに効果的かと思います。

 

2.計画を立てる!!

 ここから計画を立てていきます。自分がどんな風に計画を立てると続けられるかを重点的に考えていきます!!(私の場合です)

 

今までも、勉強をしようと何度もチャレンジしましたが呆気なく挫折。

なので、今回は「毎日、少しでも英語に触れる」を目標に計画を立てました。

どんなことがあろうと例外を認めずやり続ける。もし、できなければ出来なかった要因と解決策を日記または紙に書き込み、次の日は前日分の課題も終わらせる。

 

こんな感じでやっています。

 まあまあきついかもしれませんが、この課題は1日1ページまたは半ページという単位で行います。基本は、1ページ。

 

ゆる過ぎないかと突っ込まれそうですが「やらないよりマシだろ」という考えのもと実践中です。ちなみに、1ページが終わるとそのページに載っている例文を音読しています。

 

3.楽しむ!

勉強、勉強と言っていますが「勉強しなくちゃ!!」と強制される時と同じ状態になります。

なので最後の実践ポイントは

いかに楽しむか

私たちは、どうやって日本語を覚えたかと言われるとピンときませんが恐らく「勉強しなさい」と強制はされていなかったと思います。

(このお話は英語学習について書かれている本でよく見る内容です)

 自分なりに考えて楽しめるように工夫してみましょう!!

 

 

あくまで、私も実践中ですので効果はまだまだ先にならないと出ないかもしれませんし出ないかもしれませんが 少しでもどこに行っても負けないものが欲しいので地道にやって行こうと思います!

この記事は、私自身が辞めないためにシェアしておこうと思って書いたものです。

何かしらの参考になっていたら嬉しいです!

後日、英語学習に関する本も書評であげようと思うのでぜひご覧ください!

 

 

 

次回の投稿は5月7日(日)です!お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

noteを使って小説書きたい!の件

こんにちは!今日も宣伝ちっくなことをさせていただきます。

 

 

 

noteで小説を書こうと思います!

 

まだなーんにも決まっていないのですが小説を書いてみようと思います。

 

私は、小さい頃から物語を書いたりするのが好きでポケモンを題材に長編を書いていた記憶がかすかにあります。

 

黒歴史に近いですが。

 

 

 

 

そんな黒歴史しかない私が黒歴史を更新しようと思います。あえてです。

 

ということで小説を書いていきます。

こちらも、決まり次第随時お知らせしようと思いますのでヨロシコです。

 

noteのURL

 

https://note.mu/takase1212

 

 

色んな構想があるのですが何を書こうかまだ決められていないのでもう少しお待ちください、ありがとうございます。

 

 

 

 

高瀬マナ